自宅のカーテンを「衣替え」!

 

プチ衣替えビフォーアフター

昨年夏にオーダーして作った、リビングのカーテンです。
ちなみにその時のブログがこちらです。

 

グレージュの幾何学模様の刺繍カーテン。
端にアップルグリーンの生地でボーダーを入れました。
両方ともイギリスのクラーク&クラークというメーカーの生地です。

2枚の布は実は縫い合わせていませんが、
ちょっとした細工をして繋がって見えるようにしています。

 

そして下の写真が今回「衣替え」したカーテンです。

 

そうです、メインの部分は替えずに、ボーダー部分だけ替えました。
アクセントカラーをグリーンからパープルに。
部屋の明るさによってはブラウンに見えるくらいの落ち着いた色です。

生地もコットンのようなさらっとした質感のものから、ベルベットに。
これだけでぐっとお部屋が秋冬仕様になりました。
ちょっとオーダーするのが遅くて、衣替えが今になってしまったのですけど…(^^;

この縦ボーダースタイル、今回は最初から配分を計算して作ったのですが、
既存のカーテンにちょい足しすることもできますよ。

 

クッションカバー も一緒に衣替え

カーテンを替えたら、リビングにあるソファのクッションカバーも必ず衣替えしています。

 

前回はカーテンと共布で大小のカバーをオーダーしたのですが
今回は家にパープルのカバーがあったので、それを使っています。

パープルと黄緑はちょうど補色でコンビネーションがいいので
小さい方はそのまま使うことにしました。
観葉植物とも色が合うので、グリーン系はお部屋に馴染みます。

ちょっとしたことですが、お部屋のアクセントカラーを変えると
印象ががらっと変わりますし、気分も新たになります。

季節の変わり目、あるいは一年や年度の初めに、
ファブリックを変えてみてはいかがですか?

次回はタッセルについてお話しします。

 

            メルマガ購読

インテリア好きのあなたに
私の心に響いたインテリアと
それにまつわるストーリーをお届けします。
気軽な読み物として楽しんでいただければ嬉しいです。登録ページへ