ホテルのディスプレイを参考にしたフォーカルポイントの作り方

 

ディスプレイコーナーを考える上で、レストランやホテルはとても参考になります。

先日、神戸のホテル(クラウンパレス)に宿泊したのですが、
朝食を摂ったレストランのディスプレイが
なかなかおしゃれでしたので、写真を撮ってきました。

 

上の写真ですと、ポイントは、
古い洋書をたくさん集合させているのですが、
色合いが揃っている(青〜緑系)こと。

縦に重ねたり横に並べたりして、高低差を出していること。

キャンドルやガラス容器、そしてグリーンを足して、
ポイントにしていること。

 

 

 

こちらは奥のオープンシェルフですが、
置いてある置物類はテイストが揃っています。
モダンでかつどこかプリミティブなイメージですね。

 

 

 

化粧室の入り口には、ワイヤーでできた女性の顔のオブジェが。
敢えて影をつけて演出しているのですね。

 

 

 

みっしり活けられたグリーン。
花器も素敵です。

 

ディスプレイはお店だけのものではなく、家でもフォーカルポイントとして使えます。
フォーカルポイントは、見る側からすると自然に視線がいく場所なのですが、
実際には「ここを見てください」という意図されたものであります。
フォーカルポイントがない空間は、目の置き場がなく、落ち着かない感じがします。

フォーカルポイントはアートだったり観葉植物だったりの場合もありますし
花や小物を並べてコーナーを作る方法もあります。

 

いま、キッチングッズを使ってディスプレイを楽しむワークショップを
お花屋さんと企画しています。
昨日も打ち合わせをしてきました!
詳細が決まりましたらご案内しますので、もう少々お待ちください。

 

 

            メルマガ購読

インテリア好きのあなたに
私の心に響いたインテリアと
それにまつわるストーリーをお届けします。
気軽な読み物として楽しんでいただければ嬉しいです。登録ページへ