冷房効率大幅UP!遮熱ロールスクリーンで少しでも涼しく!

 

今日は、室内で暑い毎日を少しでも涼しく過ごすための工夫として

遮熱ロールスクリーンをご紹介します。

(今日の記事は、私が2014年〜2016年にわたって書いていたブログ

”me & my home”からの記事をリライトしたものです。)

 

 

これは我が家の多目的ルーム。私の仕事場でもあります。

(いまは家具配置がちょっと変わっていますが。)

 

プレーンシェードのかかっているこの窓

厚手の生地とレースのシェードの2枚構造になっていました。

そこにあらたに遮熱ロールスクリーンを追加しました。

 

多目的ルームは、南の角部屋で、

夏は、厚手シェードを下していても、太陽熱が入り込んですごい暑さでした!

リビングと一続きの6帖のこの部屋に

夏の数か月だけのためにエアコンをつけるのもどうかと思い

エアコンはリビングにしか付けていません。

 

リビングの冷房効率を上げるために、以前はリビングとの境の戸を閉め切っていました。

でも一部屋使わないのはもったいない!ということで、

遮熱ロールスクリーンをつけることにしたのです。

 

作業としては、レースシェードを一度外して

木枠の奥側(窓に近いところ)に遮熱ロールスクリーンを取り付け

さらにその手前に、もともと付けてあったレースシェードを付け直したのです。

 

ブラケット(取り付け金具)の配置は、このようになっています。

木枠奥側に、遮熱ロールスクリーンのブラケット

(写真では、そこに遮熱ロールスクリーンが取り付けられた状態になっています)

その手前にレースシェードのブラケットがついています。

木枠正面についているのは、厚手シェードのブラケットです。

 

 

もちろん木枠の奥行を測って、大丈夫だと確認してからオーダーしたのですが、

取り付け終わるまではちゃんと2つ収まるのか、心配でした。

無事に収まって、ホッ!

 

これは、レースシェードのみ下した状態。

洗濯物が透けてる 笑

 

 

次は、ロールスクリーンのみ。

 

 

最後は、レースシェードとロールスクリーン両方。

 

 

…とまあ、両方とも白なので、見た目はそう変わらないのですが

でも、省エネ効率36%UPと、メーカーがうたっているだけあって

部屋の温度が全然違います!

 

以前は厚手シェードで熱を遮ろうとしていましたが

暑くてとてもこの部屋にはいられませんでした。

でも、これを取り付けてからは、日中も厚手シェードは上げっぱなしで

この部屋でパソコン作業をしたりできるようになりました。

遮熱ロールスクリーン効果大 です!

 

遮熱ロールスクリーンは、ニチベイ、トーソー、タチカワブラインドなど

各メーカーから遮熱率の違うものが数種類ずつ出ていますので

ショウルームで確認したり、サンプルを取り寄せたりして

お好みのものを見つけるといいと思います。

操作方法もいろいろあるので、取り付け場所に合ったものをセレクトしてください。

ちなみに我が家のものは、ニチベイのスヴィエというシリーズのものでした。

ニチベイの遮熱商品

トーソーの遮熱商品

タチカワブラインドの遮熱商品

 

 

遮熱ロールスクリーンのおかげもあって

我が家は今のところほぼ冷房を切った状態で

窓を開けて風を通し、サーキュレーターで空気を回して過ごしています。

 

今年は夏が長そうですし、冷房も適切に使いつつ、

賢く工夫をして、暑い夏を快適に乗り切りましょう!

 

 

模様替えなど、インテリアのご相談はお気軽に。

 

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!

ご登録くださった方に特別プレゼント!
PDF無料ダウンロード
『お部屋づくりの3つのステップ』
(全16ページ)

 

 

コメントを残す