JAPANTEX2018レポート②Decoonがパワーアップ!

 

ここのところ毎年JAPANTEXに出展しているJAPAN Decoonとは、
Facebookの公開グループ『室内装飾・インテリア販売に関わる仲間の集り』から派生したインテリア合同展示会です。

海外からの輸入ファブリック・クロスを中心に取り扱うメーカーや輸入代理店各社が合同でブース展示を行います。

2017年のJAPANTEXのブログ

 

今年はDecoonがすごかったです!

 

 

2大トレンドに分けた展示

 

 

正面から見ると、左右対称になっているんですが、それぞれ違うテーマでまとめられています。

向かって右コーナー、ボタニカル

 

VS  左コーナー、北欧。

 

 

ブース展示も、ボタニカル

 

VS 北欧
(あ、別に誰も戦ってませんね ww)

 

 

2大トレンドに分かれていてわかりやすい〜!

 

それに素敵なものがたくさんありました!

こちらはマリメッコさんですが、今年の新柄を貼ってありました。
クロスの製法が変わって、従来の50センチ幅が70センチ幅でできるようになったそうです。
上の写真に載せた動物柄もなかなかインパクトがありますね!

 

クールな色彩のボタニカルクロス。

 

こちらはぐっとシックなボタニカルクロス。
こんな感じなら取り入れやすいですね。

 

個人的にはこの幾何学模様のファブリックとか

 

全然違うけど、このイギリスちっくな感じとか

 

すごく好き♡ (え、聞いてないって?)

輸入ファブリックと一口に言っても、メーター3〜4万円以上のものもあれば、意外に5千円くらいでリーズナブルなものもあります。
国産のものも、海外のものも含めて、選りすぐったなかから、テイストやご予算に合わせて、できるだけいいものをご提案するのが、インテリアコーディネーターとしての務めだと思っています。
そのためにはこういった展示会やショールーム見学など、情報収拾は欠かせません。

 

 

そして、Decoonカフェ

 

今年の特徴として、Decoonカフェ(バー?)の存在がありました。
ボタニカル要素をふんだんに取り入れていて、店舗としてもとてもおしゃれでした!

 

私も2時間だけボランティア店員としてお手伝いさせていただいたのですが、いろいろな方々が集まってきて、まるでパワースポット!

 

また、こちらの小さくて素敵なコーナーでは、北欧のライフスタイルに関する15分のぷちセミナーが日に2回開催されました。

 

ちょうど1席空いていたので、私も飛び込み参加させていただきました。
FIKA=スウェーデンのコーヒータイムのお話から、時間も空間も、メリハリが大事ですね、ということでした。
コーヒーとお菓子つきでワンコイン!

 

 

今年のDecoonは、例年にも増して、インテリア業界を盛り上げよう、インテリアを面白くしよう、という主催者の皆さんの情熱が伝わってくる、素晴らしい展示でした。
これからがますます楽しみです!

 

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!

ご登録くださった方に特別プレゼント!
PDF無料ダウンロード
『お部屋づくりの3つのステップ』
(全16ページ)