巡回展「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」@葉山へ。次は名古屋です。

 

少し前の話になってしまいますが、葉山での『アルヴァ・アアルト展』に行ってきました。

 

アアルト展について

フィンランドの建築家であり、デザイナーでもあるアルヴァ・アアルト。
この展覧会は、アアルト生誕120周年を記念し企画されたものです。
ドイツのヴィトラ・デザイン・ミュージアムとフィンランドのアルヴァ・アアルト美術館による国際巡回展で、日本では4箇所を巡回します。

最初が私の行った、神奈川県立近代美術館
12月8日から名古屋市美術館で開幕し、そのあと2月16日から再度東京ステーションギャラリーと、関東に戻ってきます。
そして最後に青森県立美術館に移動します。

今回のテーマは「もうひとつの自然」
有機的な曲線を描く木造建築や、家具、そして小物のデザインに至るまで、アアルトの造形物は自然からのインスピレーションをふんだんに受けています。
葉山という自然に抱かれた美術館が展示会場に選ばれたのも、そういった理由からだったのではないでしょうか。

名古屋、東京、そして青森での開催も楽しみですね。

アルテックのHP

 

巡回展「アルヴァ・アアルト – もうひとつの自然」

   2018年9月15日 – 11月25日 神奈川県立近代美術館 葉山

   2018年12月8日 – 2019年2月3日 名古屋市美術館

   2019年2月16日 – 4月14日 東京ステーションギャラリー

   2019年4月27日 – 6月23日 青森県立美術館

 

 

撮影OKな展示は…

 

今回、写真撮影がOKだったのは、最後の展示室と、廊下でした。

アアルトデザインの「スツール60」が集合!

 

アアルトデザイン家具や照明、小物によるディスプレイの数々。

 

廊下には何種類かの椅子とテーブルのセットが置かれていました。
いろいろ座ってみた!

 

 

 

葉山の自然とともに

 

私が家族と3年前にフィンランドのヘルシンキを訪れた際、アアルトによる建築物や照明器具、インテリア雑貨を目にしました。
でも『アアルト邸』にいくことができなかったのは本当に残念!
今回はそのリベンジ?にはなりませんが、少しでも彼のデザインのエッセンスに触れたいと思いました。

今回は逗子在住のコーディネーター仲間が、ドライブを兼ねて連れて行ってくれました。
海沿いの道を走ったり、最近できた道の駅に寄ってみたり、逗子〜葉山の自然を満喫しながらのアアルト展。
思い出に残る一日となりました。

 

【模様替えなど、インテリアのご相談はお気軽に】

3Dソフトを使ったレイアウトのご相談等も承ります。

#インテリアコーディネート #インテリアコーディネーター #模様替え
#横浜市青葉区 #模様替えコンシェルジュ

【ブログランキング参加中】

バナーのクリック、お願いします↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ