観葉植物をお部屋の間接照明にしちゃいましょう!

 

ブログご訪問ありがとうございます。模様替えコンシェルジュの楠田恵子です。

 

我が家のリビングには2種類の観葉植物があります。

1つは、もう2年くらいうちにいるかな?

カポック系のシェフレラくん。

 

 

もう一方は、今年の秋にやってきた

エバーフレッシュさんです。

 

 

それぞれの後ろに、

ホームセンターなどで売っているクリップライト

というものをしこんで、間接照明にしています。

 

 

居心地のいい部屋を作るための照明器具の配置のコツ

 

①一室多灯

つまり、シーリングライト1個で全体を明るく、というよりも

全体照明の他にテーブルトップやソファの座面など

作業面を中心に、必要なところに必要な灯りを配置すること。

 

②壁を明るくすると明るく感じる。

 

③部屋のコーナーを照らすと奥行き感が出る。

 

つまり、部屋の隅に置いた観葉植物に照明器具をしこむと、

壁面とコーナーが明るくなり、一石二鳥

しかも葉っぱの影が壁に映って雰囲気が出ます。

 

 

とにかく照明は、

器具うんぬんよりも配灯が大事です。

 

 

ちなみに、クリップライトのランプが

側面から見えてしまうとまぶしいので、

コピー用紙をカットしたものをくるっと巻いてテープで止め、

簡易シェードにしています。

 

コピー用紙だと、濡れたり汚れたりしても

すぐ取り替えられるので楽チンです ♫

 

 

観葉植物の水やりの話

 

エバーフレッシュが我が家に来たての頃は

葉っぱがたくさん落ちつつも

新たな芽が出てそこから葉が育ったりして順調に生育し

落ち着いてきていました。

 

でも秋になってから、上の方の葉がカラカラになって落ちるようになり、

トップの方は割と寂しい感じになってしまいました。

日照不足と水不足が原因かな、と思い、

鉢を部屋の角から窓に近いところに移動し、

水をやる頻度を増やしたら、元気になってきました。

 

エバーフレッシュは今の季節でも5日に1回くらい、

1リットルくらい水を飲みます。

一方のシェフレラは、10日に1回くらい、

せいぜい300ccくらいでよく、やりすぎると鉢底に水がたまってしまいます。

植物は、それぞれにあったお世話をしないといけないですね〜。

 

 

 

【模様替えなど、インテリアのご相談はお気軽に】

3Dソフトを使ったレイアウトのご相談等も承ります。

#インテリアコーディネート #インテリアコーディネーター #模様替え
#横浜市青葉区 #模様替えコンシェルジュ

【ブログランキング参加中】

バナーのクリック、お願いします↓

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへ

 

コメントを残す