2020年の流行色は、青と赤⁉︎

 

2020年の流行色が、青と赤⁉︎
それってどういうことなんでしょう?

毎年の流行色は、主に2つの組織によって決められています。
それは、PANTONE と JAFCA(日本流行色協会)です。

 

PANTONE : クラシックブルー

 

世界的な色見本帳ブランドであるPANTONEは、
毎年12月に「カラー・オブ・ザ・イヤー」と称して、
翌年のトレンドカラーを発表しています。
アート、ファッション、美容、エンターテインメント業界、社会経済など、
あらゆる領域のトレンドの綿密なリサーチのもとに
トレンドカラーが選定されます。
(Workship Magazineより)

テクノロジーの急速な進歩によって社会が変化する中
人々の「安定」に対する欲求を象徴する色であるとして
2020年のトレンドカラーに選ばれたのが
このクラシックブルーです。

たしかにこの深いブルーには「安定」や「安心」を感じますね。
「サムライブルー」などでも日本人にも愛されるブルー。

集中力を高める色でもあることから
インテリアでは子供部屋に使うのもオススメです。

ブルーづくしになってしまうと
冬は寒い印象になってしまいがちなので
反対色の黄色など、暖色系も入れるといいですね。

2019年のトレンドカラーは「リビングコーラル」でした。
こちらのブログに書いています)
暖色系から寒色系に変わったことになりますね。

 

 

JAFCA : ヒューマンレッド

 

 

一方のJAFCAは、毎年「今年の色、来年の色」を発表しています。
JAFCAが選ぶのは、その年を象徴する「テーマカラー」のようなものです。
インターカラー(国際流行色委員会)の情報をもとに、
各業界の専門家たちで構成される委員会によって選定されます。

2020年のトレンドカラーにヒューマンレッドを選んだ背景として、
以下の3つのキーワードを挙げています。

◆ 豊かな感情
デジタル化が加速する現在において、人間らしい豊かな感情を表す色。

◆ 未来を創る行動力
環境問題や社会問題に対して、新たな未来を創っていく人々の命の色。

◆ スポーツそして高揚感
2020年の東京オリンピック開催に伴って、
日本の国旗の色およびオリンピック時の人々の高揚感を表す色。

AI時代にあえて「人間らしさ」や豊かな感情や行動力、
そしてオリンピックもからめてヒューマンレッドを選んだのは
さすが日本の機関という感じですね。

JAFCAは2019年のトレンドカラーとして
アウェイクニングオレンジを選んでいます。
オレンジからレッドへ。
同じ暖色系ですが、オリンピックの年で、いよいよ熱を帯びているイメージでしょうか。

インテリアの場合、進出色である赤は
大きい面積で使うと圧迫感が出てしまうことがあるので
アクセントカラーとしてうまく使ってみるといいかもしれませんね。

 

インテリアにもトレンドカラーを取り入れて
楽しんでみるのもいいですね!

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!