カーテン?それともシェードにする?ー『La storia』コラム

 

先日からコラムを書かせていただいている

『La storia』に新作をUPしました。

『カーテン?それともシェードにする?』

 

今回は、タイトルからおわかりのとおり、

窓装飾をどうするか?というお話です。

場所や用途、イメージに応じて使い分けるのが一般的ですね。

 

ちなみに我が家のリビングの窓には

厚手カーテン、レースカーテン、のさらに窓側に

レースのシェードがついています。

 

マンション1階なので上からの視線を遮る目的でつけましたが

最近はあまり視線が気にならないので使っていません。

でもこれがあると、窓枠上のアルミ部分が隠れるので

そのままにしています。

 

以前ブログに書きました

洋室の窓はシェード+シェード+遮熱ロールスクリーンの3枚吊るしです。

用途に応じて、いろいろなパターンがあっていいと思います。

 

ちなみにカーテンは、タッセルでこんな風に束ねると

いつもと違う雰囲気になりますよ!

 

ウィンドウトリートメントの種類でお悩みの方も

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!

ご登録くださった方に特別プレゼント!
PDF無料ダウンロード
『お部屋づくりの3つのステップ』
(全16ページ)

 

 

コメントを残す