読んだら絶対食べたくなるカンボジア料理!

 

今日はカンボジアの食べ物のお話です。

カンボジア料理(クメール料理ともいう)は

これまで全く食べたことはなかったのですが

予想以上に日本人の口に合うことがわかりました。

 

 

(ホテルの近くの食堂的なお店で朝ご飯。

海苔のスープやチャーハンなど、どれもすごく美味しかった!)

 

クメール料理は多くの料理にプラホックという発酵した魚のペーストを調味料として用いているそうです。

それからココナッツミルクをたくさん使っています。

なるほど、美味しいわけですね!

 

いろいろな周辺国の影響を受けているため、

中華やタイ料理、インド料理にも似ているのですが

すごく味が濃いとか、すごく甘いとか辛いということがなく、食べやすい。

 

ベトナム料理と同じように米粉の麺も多いですが

ベトナム料理は全体に炭水化物が多く

カンボジア料理はもっと肉や魚と野菜とのバランスがいいという印象です。

そしてインドネシア料理よりさっぱりしていて

味のバリエーションも多いと思いました。

 

オールドマーケットにあるクメール料理レストランで。

麺やスープの種類が豊富で、具も豚、鶏、牛、魚、海老から選べます。

春巻きもパリパリで美味しい!

ご飯はサービスでついてきます。

 

値段も安くてふつうのレストランだと

3人でだいたい15ドル前後のことが多かったです。

 

 

ここはちょっとした有名店のチャンレイツリーです。

大晦日の夜に予約なしで行ったらさすがに少し待ちましたけど、とっても美味しかった☆

茄子の炒め物とか、アモックというカレーっぽいお料理とか、牛の串焼き?などをオーダーしました。

 

 

 

外観のとおり、少し高級なお店なんですけど、特別高くはありません。

サービス料など込みで3人で60ドルちょっとだったかな。

とにかくホテルのニューイヤーガラディナーがどれだけ豪華だったかは知りませんが

一人380ドルを払わずに済んでよかったなと。笑

 

 

 

こーんな普通の汁麺もすごーく美味しいです!アンコールワットのカフェにて。

 

 

 

さあ、すっかりカンボジア料理が食べたくなったでしょ?

って、調べたら、なんと実家のある神楽坂にありました!笑

バイヨン

代々木にもあります。以前行ったという友人によると美味しかったとのこと。

アンコールワット

 

是非食べてみてくださいね〜♬

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!

ご登録くださった方に特別プレゼント!
PDF無料ダウンロード
『お部屋づくりの3つのステップ』
(全16ページ)

 

 

コメントを残す