壁紙もカーテンも、小さいサンプルで選ばないで!

 

友人からの相談

 

トイレをリフォームするのに合わせて、壁紙も変えたんだけど
全面柄にしたらうるさい感じになってしまったの!
どうしたらいい!?

聞くと、工事屋さんからとにかく早く選んでくれと言われて
小さいサンプルで気に入ったものにしてしまったらしいです。

彼女のお気に入りの感じの柄。
う〜ん、たしかに可愛い。けどね…

 

よく聞く話だけど、ああ〜、やっちまったね、と思いました(^_^;)
壁紙もカーテン生地も、小さいサンプルで選ぶと失敗します。
柄物はもちろん、無地のものも。

無地の場合、大きくなると、明るい色はもっと明るく、
暗い色はもっと暗く見えます。

柄は少なくとも大きな面で使われている写真を見て
全体のイメージを確認してください。
時間があれば、ぜひショールームなどに足を運んで確認してください。

 

解決策

 

彼女が泣きついてきたので、
「最初から相談して欲しいよ」と思いつつ(笑)
こんな解決策を提示しました。

◆一番大きな面をペイントする(自分でやるならクロスより手軽)

◆柄の面積を少なくするためにも、手洗いカウンターの上に大きめのミラーを掛ける

(それが冒頭のスケッチです。
毎度ですがざっくりで恐縮です)

 

壁の色はたとえばこんな感じの
ちょっとくすんだ感じのブルーで。

 

 

ミラーはちょっとエレガントな感じとか。

 

エレガントすぎずちょっとモダンなイメージとか。

 

床材に合わせても

 

という感じでコーディネートしていくといいんじゃないかとアドバイスさせてもらいました。

とにかく、小さなサンプルで判断しないで
というのが今日のポイントでした!

皆さんもお気をつけください!

 

 

インテリアコーディネーターが役に立ちます!

 

それにしても、その友人にとってまあまあ身近な存在でありながら
大事な時に思い出してもらえなかった、インテリアコーディネーターとしての私。
インテリアコーディネーターってこんな時に頼ってもらいたい、っていう
私の発信不足だったかなぁと反省しました。

インテリアのことで迷ったら、
小さなことでもご相談くださいね。
きっと「相談してよかった」と思っていただけるように
ご提案させていただきます。

料金等はお問い合わせの内容によって変わりますので
とりあえずご相談だけでもお気軽にどうぞ。

 

 

 

            メルマガ購読

あなたが、ご自分で、
より楽しくお部屋を整えていくことができるように
お部屋づくりの「軸」ができるように
お役に立つ情報を発信していきます!

ご登録くださった方に特別プレゼント!
PDF無料ダウンロード
『お部屋づくりの3つのステップ』
(全16ページ)