施工例紹介:北欧住宅(スウェーデンハウス)の模様替え案件

 

最初にお問い合わせいただいたのが昨年2月頃。

お客様が自営業でとてもご多忙なこともあり、ゆるゆるペースでご提案が進んできた横浜市旭区のT様案件。
ようやく年末にカーテンや家具、小物類を納品させていただきました。

これから納品のものもあり、本格的な撮影もまだなのですが、お客様の許可をいただきちょろっとご紹介させていただきます。

スウェーデンハウスの素敵な輸入住宅を、中古で2年前に購入されたそうです。
これまでは、前のオーナーの残していったカーテン類や、それまで使っていらした家具で生活をされていたとのこと。

週末には頻繁にお友達を招いてバーベキューをしたり、ご家族でスキーに行ったりという、アクティブなご一家です。
ご夫婦で、そろそろインテリアを整えたいね、と言う話になったということで、ホームページからご相談をいただきました。

 

ダイニングの照明器具はデンマークのルイスポールセン社のLCシャッターズ。
木漏れ日のような灯りに心癒されます。
ご主人がとても気に入ってくださり、即決となりました!

 

 

プレーンシェードはイギリスのbluebellgrayの生地でお作りしています。掃き出し窓には同生地でカーテンを。
奥様がbluebellgrayのファブリックに一目惚れ✨ ショールームにもご一緒し、いろいろ迷われて決められました。
水彩画調のデザインがグレイッシュなブルーの壁に美しく映えています。

 

 

 

和室の窓には、スウェーデンのテキスタイルブランド、シナマーク(kinnamark)のモノトーンのファブリックを。
北欧ファブリックは和のインテリアとも相性がいいのですが、これもやはりぴったりです。

掃き出し窓には同生地でカーテンを掛けました。
シンプルな植物柄のデザインが、和室にさりげない華やかさを添えています。

 

T様邸については、何度かに分けてご紹介させていただきます。

 

 

            メルマガ購読

私の心に響いたインテリアやそれにまつわるストーリー、
おすすめインテリア商材や、お部屋を快適にするヒントをお届けします。
気軽な読み物として楽しんでいただければ嬉しいです。